ドリップコーヒーについての説明

subpage1

ドリップコーヒーとは、カップやポットの上に置いた容器の中にフィルターを設置し、香ばしくローストされたコーヒー粉末を中に入れます。
その上から熱湯を注ぎ、コーヒーの成分を吸収しながらフィルターを通り、下にしずくが落ちて下のカップやポットの中に入るという方式(ドリップ式)で入れたコーヒーのことであります。

普通のインスタントコーヒーと違って、ドリップコーヒーは、しずくが滴るときにコーヒー豆本来の香りやうまみ、栄養成分がそのまま流れ出るという点にメリットがあります。また、使い終わったコーヒーの粉末は、フィルターの中にたまるので、後片付けが楽にできます。

Reutersについて考えます。

忙しくて時間が取れないなどという時はドリップコーヒーを入れることがおすすめです。
コーヒーの抽出法は、フィルターやドリップ方式の種類によって様々な方法が開発されてきました。
フィルターの種類は大きく分けて、ペーパードリップ、ネルドリップ、金属フィルターといった種類があります。



ペーパードリップは便利で手軽なので、最も重宝され長い歴史を持ったものです。


一方のネルドリップはおいしさを重視しているため、プロでも管理が難しいものなのです。



最後に金属フィルターは最も新しいやり方で、紙や布に油分が吸収されず、コーヒー本来の自然の味が味わえます。
どのドリップ方式にしても、メリット・デメリットがあるので、自分で実際にやってみておいしいと思える方法で入れるのが望ましいでしょう。ドリップは練習するほどうまくできるようになるので、根気が必要です。

コーヒーの特徴

subpage2

朝の目覚めに一杯、おもてなしの一杯、疲れた時の一杯、コーヒーは身も心もホッとさせてくれる魔法の飲み物です。今は、インスタントやスティックなど、お湯を注ぐだけで気軽に楽しめるようになったコーヒーですが、やはり手間をかけた一杯こそ、淹れた者の心がこもっていて美味しいのではないでしょうか。...

next

コーヒーのコツ

subpage3

豊かな香りと味わいを楽しめるドリップコーヒーですが、大まかな淹れ方を知っているだけでは十分ではありません。より一層おいしく、味わい深いコーヒーを淹れるためには幾つかのコツを知っておくのは大切でしょう。...

next

大人の常識

subpage4

フィルターという紙にコーヒー豆を入れてその上からお湯を注ぐドリップコーヒーは、コーヒーの淹れ方として最も一般的なものです。だれでも手軽にできて後始末も簡単、しかし淹れ方次第で大きく味わいが左右される、とてもシンプルかつ奥の深い抽出方法です。...

next

ためになるコーヒー

subpage5

自宅で香りが良いコーヒーが楽しめるのがドリップコーヒーですが、楽しみ方は自宅で飲むことだけに留まりません。例えば、キャンプなどアウトドアでドリップコーヒーを淹れると、室内で飲むのとは一味違った味わい方ができます。...

next