心もほっとするドリップコーヒー

subpage01

朝の目覚めに一杯、おもてなしの一杯、疲れた時の一杯、コーヒーは身も心もホッとさせてくれる魔法の飲み物です。今は、インスタントやスティックなど、お湯を注ぐだけで気軽に楽しめるようになったコーヒーですが、やはり手間をかけた一杯こそ、淹れた者の心がこもっていて美味しいのではないでしょうか。

ジョルダンニュース!サイトで情報を入手してみて下さい。

ドリップコーヒーは、ポイントさえ掴めば誰でも美味しいコーヒーを淹れることが出来ます。

用意するものは、コーヒーの豆もしくは挽いてあるもの、ドリッパー(コーヒーフィルター)、ペーパーフィルター、そして水です。一人分ならカップに直接ドリッパーを乗せて抽出しても良いのですが、大人数に出すときにはサーバーを用意すると良いでしょう。
より本格的なドリップコーヒーを目指すのであれば、自分で豆を挽くことが出来るコーヒーミルや、お湯の量を調節しやすいコーヒーポットなどを揃える必要があります。ここではどのご家庭でも挑戦できる基本的な淹れ方を紹介します。ドリッパーにペーパーフィルターをセットし、その中にコーヒー粉を、パッケージなどに示されている通りの基準量を入れ、平らにならします。

お湯は沸騰してから1分ほど待って、約80度の温度にしてから、注ぎます。

知って納得のデカフェ情報を利用してみませんか?

粉の中心に、細く湯を注ぐ事を意識して下さい。


すると、粉全体がふわっと膨らんできます。



いったん注ぐのを止め、30秒ほど待ってから、また細く湯を出しながら全量を注ぎましょう。美味しいドリップコーヒーになったでしょうか。ひと味違った味わいを楽しんでください。