ドリップコーヒーを一層おいしく飲む方法

subpage01

豊かな香りと味わいを楽しめるドリップコーヒーですが、大まかな淹れ方を知っているだけでは十分ではありません。
より一層おいしく、味わい深いコーヒーを淹れるためには幾つかのコツを知っておくのは大切でしょう。

おいしいドリップコーヒーを淹れるためには、まず必要な道具の準備から始めましょう。
サーバーやポット、ペーパーフィルターか布製フィルター、さらにドリッパーなどが基本的な道具となります。

また、おいしいコーヒーを淹れるためには下準備も欠かせません。

サーバーやドリッパー、またコーヒーカップなどはすべて温めておきましょう。
コーヒーを淹れるために使うお湯は、沸騰した熱湯ではなく、90度前後のお湯を使うようにしましょう。
熱湯を使うと、コーヒーの持つ苦みを強めてしまうことがあるからです。


ドリッパーにフィルターをセットし、コーヒー粉を入れたら、お湯を注ぎますが、その際に注意したいのは、一気にお湯を注いでしまわないということです。


二回に分けて注ぎましょう。
ドリップコーヒーをいっそうおいしく淹れるためには、蒸らすことが大事なポイントとなるからです。蒸らすために最初のお湯を注ぐときには、百円玉程度の小さな円を描くように注ぎましょう。



その際、ペーパーフィルターをお湯で濡らさないよう、中心を狙って注ぐようにします。

注ぐ量は少量で、数滴落ちる程度で十分でしょう。



こうして30秒から1分ほど蒸らし、その後、真ん中から円を描くようにゆっくり注ぎます。
お湯を注ぐスピードによって、味わいが変わってくるため、できるだけゆっくり注ぐようにするなら、一層おいしいドリップコーヒーを淹れることができるでしょう。

これだけは知っておきたいエキサイトニュースに関する最新情報はこちらです。